2015年3月3日
中田雅久弁護士が山形のトラブルシューター養成セミナーで講師を務めました。

 「共生社会を創る愛の基金」は、刑事事件で罪に問われた知的障がい・発達障がいのある人の支援を行っています。
 そのひとつとして、地域で起こるトラブルを本人とともに解決し、刑事事件に発展することを未然に防いだり、万が一、刑事事件に発展した場合には、障がいがある人に適正な手続きが保障されるよう弁護士と一緒に活動してくれる新たな人材(トラブル・シューター)を 育成したいと考えています。
 中田弁護士は、司法の立場から、刑事手続きの概要や、障がいがある方が刑事手続きの中でどのような状況に置かれているか、刑事手続きの中で障がいがある人を支援する方法について、講義やグループディスカッションを行いました。
http://www.ysj.or.jp/information/seminarh_2701_01.html
http://www.ysj.or.jp/information/documents/seminar_150123.pdf