弁護士  野太一朗

 多摩地域にこだわって仕事を続けて参りました。貧困問題と刑事事件を中心に取り組んできましたが、そのほか多摩在住・在勤の皆様の一般民事事件、家事事件、刑事事件、労働事件、中小企業の案件等々、幅広く案件を取り扱っております。


 東京都多摩市で幼少期から青年期にわたり過ごし、社会人になってからは立川市で生活しております。
 弁護士登録をして以降、多摩地域にお住まいの方々を中心として、幅広い事件を受任して参りました。複雑な家事事件のほか、重大刑事事件も受任しております。振り返り、率直に見つめ直すところもございますが、一生懸命、一つひとつの案件に取り組んで参りました。
 このたび、多摩の森綜合法律事務所に参画し、この多摩の地で、一層、市井の方々や多摩地域の中小企業の方々に対し、行き届いたリーガルサービスを提供できるように努力を重ねたいと考えております。

【プロフィール】
東京都多摩市で幼少期を過ごす  慶應義塾湘南藤沢高等部・慶應義塾大学法学部法律学科卒業
平成18年3月 立教大学大学院法務研究科卒業
平成20年12月 弁護士登録
平成21年1月 弁護士法人多摩パブリック法律事務所入所
平成27年4月 多摩の森綜合法律事務所参画

【主な役職】
東京三弁護士会 貧困問題対策プロジェクトチーム
東京三弁護士会 震災対策プロジェクトチーム
東京三弁護士会 司法修習委員会
東京三弁護士会 刑事弁護委員会
(平成27年4月〜 東京弁護士会・副委員長)